常田 高英

ときた ひでたか

 

1970 年生まれ 須坂市在住

 

絵を描くことが好きな常田さんは、障害がいのある方たちのアトリエに通っている。彼が描くのは主に人物で、ファッション雑誌などの写真を見ながら描いている。描かれた人物からはその体温が伝わるような温かみが感じられる。

 

 

「おんなのひととはな」(左)  「おんなのひと」(右)

墨、アクリル絵の具、紙

 

 

2017年図録より

 

もともと絵を描くことが好きな作者は、現在アート活動ができる福祉事業所に週一回通いながら、絵を描いている。支援者からいろんな写真集や、図鑑、写真雑誌を提供され、選んだのが女性モデルが満載のファッション雑誌。 『今日はこれを描いてみる』とポツリとつぶやくと、その写真を食い入るように見つめながら、手を動かしだす。クルクルと動くその手先からは、個性的な女性が現れる。まず描き出すのは目であり、観る者はこちらを見つめるその『目』に引き込まれる。忠実な写実ではなく、作者の目に留まった一部が、デフォルメされた作品は独特の世界が表現されている。

 

 

 

「おんなのひと」2017

 

 

 

「おんなのひと」2017

 

 

 

「おんなのひと」2017

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE