中沢 久美子

なかざわ くみこ

 

1973 年生まれ 長野市在住

 

600 マスのノートのマス目のひとつひとつに、1 から600 までの数字が書かれている。ノートのどのページを見ても、強い筆圧のボールペンの数字で埋め尽くされている。中沢さんはこの行為を何年間も続けている。

 

 

「無題」

ボールペン、ノート

 

 

2017年図録より

 

600マスの国語のノートが1から600の数字で埋め尽くされている。そしてボールペンの強い筆圧で書かれているため、ノートはゴワゴワしていて、何か切迫感さえ感じる。作者は自宅近くの作業所に通い、とてもきっちりと作業をこなし、元気に明るく振る舞い、作業所の朝会、終わりの会を仕切るほどリーダー的な存在だ。しかし、まずはノート1ページに数字を書き込まないと次の行動には移れない。休憩時間もひたすらノートに書いている。こんな行為は十数年続いている。さぞかし大量のノートがあるのかと思っていたが、残念ながら、ノートは書き終わる端から処分され、このノート1冊が残っているだけである。

なぜ数字を書いているのかという問いには答えてもらえなかったが、作者はやっとたどたどしく『オカアサンベンキョウシテイル』と小さくつぶやいた。こんなにも頑張っている自分をもっと認めてほしい、という願いがこのノートには込められているのかもしれない。きっと今日も新しいノートに数字を書き込んでいるのだろう。

 

 

 

「無題」2017

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE