坂本 三佳

さかもと みか

 

1981 年生まれ 茅野市在住

 

障害がいのある方たちのアトリエでの制作で、坂本さんはアクリル画を描いている。紙だけでなく、布やビニールシートなど、どんな素材にも描き、大小さまざまの作品が生まれている。彼女は描くごとに自分のイメージを表出することに慣れていっているようだ。

 

 

「無題」

アクリル絵の具、キャンバス

 

 

2017年図録より

 

日常の基本的な活動はなんでもこなし、元気な彼女は、学園の人気者。スカートをはきこなし事務のお仕事が好き。メンバーの名前を漢字で理解していて、お便りを連絡袋に入れるなどの仕事を任されている。一方、絵を描くと力強いタッチで一気に何枚も仕上げたり、気に入ったことにはとことんのめり込む一面も見せる。学園での「アート活動」では、主に絵を描いたりカッティングシールでのコラージュに取り組んでいる。活動が始まった頃は、マジックやクレヨンで丸を書いたりしていたが、絵の具に慣れてくるとその感触を楽しむかのように、色んな色をどんどん重ねて塗っていた。純粋に色を楽しんでいた描き始めの頃から比べると、少しずつ自分のイメージを表出することへの気づきが感じられ、そのフレッシュな表現から楽しさが伝わってくるようである。

 

 

 

「無題」2017

 

 

 

「無題」2017

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE