zwm_076

 

向山 政則

むかいやま まさのり

 

1974 年生まれ 駒ケ根市在住

 

福祉施設の一角にある向山さんの専用ブースは、彼の宝物で溢れている。手描きのメモ、新聞記事、そして無数のトランプが、壁全体に貼りつくされ、机の上も同じように埋められている。その場所は無秩序に見えるが、彼独自のルールがあるようだ。

 

 

「無題」

 

 

2016年図録より

 

zwm_075

 

zwm_074

 

zwm_073

 

zwm_071

 

zwm_072

 

言葉を発しない向山氏だが、利用する福祉施設の一角に作られた本人専用のブースには、さまざまなメモのようなことが書かれており、そこにはベートーベンなど音楽家の生誕や難しい言葉が書きなぐられている。
そして最近ではそのメモの上にトランプが無数に貼られ、まるで「ここは僕だけの大事なバショだ。」と言わんばかりの空間となっている。
執拗なまでに大量のトランプを貼り重ねるのは何を意味するのか?
施設生活において支援員は忙しく動き回り、なかなか自分とはじっくりと向き合ってもらえない。
そんな生活の中で、切実な自分主張をしている行為なのかもしれない。
自分が気になった事柄、言葉を書き止めていく、そして一見、無秩序に貼り付けられたトランプや時計…。
何を意味するのかわからないだけにそそられるのである。

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE