zwm_063

 

mah.

まー

 

1974 年生まれ 安曇野市在住

 

mah. さんは、自分を地球外生命体だと思っていると言う。そして、地球ではその生物を「障がい者」と呼ぶのだと捉えるようにしているそうだ。過剰服薬や摂食障害という苦しみを紛らすために絵を描いてきたが、最近ではその作品が少しずつ認められるようになり、生きがいになってきている。

 

 

この「know」の「No」をつきつめ( 左上)  右脳さん。( 左下)  虚無( 右)

ボールペン、紙

 

 

2016年図録より

 

zwm_061

 

zwm_062

 

子供のころから絵を描くことが好きだったが、心を病んでからは自分の混沌としたココロを絵にしたり、エッセイのような文章を書いたり、マンガを描いてきた。
一連の作品は2015 年3 月から2016 年6 月までのココロの変化を描いたもの。

「こころの中」=「私のブレイン」にうずまくコントンとしたコトバにできない思いをポツリ・・・と描いてみたところ、それを観た方から「これを全部描き出して、畳ひとつくらいにドン!とあったらすごいだろうね」と言われたのがきっかけで、過剰服薬や過食衝動を鎮めるためにも描きはじめました。畳は持ち歩けないので、手頃でインクと相性の良いハガキサイズの画紙に描けるだけ描こうと、夜も昼も、冬も夏も時間も時空の感覚も忘れるくらいの勢いで描き「作品」から自分自身を知っていく制作でした。
ずっと沈殿していて私自身根源を腐らせようとしていた「ドロドロのコントン」。提出作品はずっとモノクロで描いていたので、気分転換に0.5mmの色ペンを使用し、A4 の画紙にだいぶ落ち着いてきた「こころの中」=「私のブレイン」の中を、わりと楽しみながら描けた作品です。
自分を地球外生命体(宇宙人)だと思っています。たまたま地球では『障がい者』として、お薬なども必要なのですが、そんな宇宙人から見たおっかなびっくり地球探検旅を『芸術』というカタチで記録させてもらえてるのだと思っています。制作することは実在証明の自己表現だと思います。

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE