zwm_057

 

Hetecoi

へてこい

 

1986 年生まれ 長野市在住

 

重い自閉症であるHetecoi さんは、自分の部屋で紙を破り、まき散らす行為を続けていた。彼女は、まるで破ることが自分に与えられ仕事のように、熱心にひたすら続ける。その行為が彼女に安らぎを与えるのか、納得するまで破り続けると、彼女は毛布にくるまり深い眠りにつく。

 

 

2016年図録より

 

zwm_056

 

zwm_060

 

zwm_059

 

zwm_058

 

Hetecoi さんは、本をパラパラめくりながら破いて、あっという間に紙切れにしてしまう。
まるで、マジシャンがトランプを切るように、器用な手先をすばやく動かして、紙をどんどんちぎっていく。
自宅の部屋にこもると、部屋中が紙片で埋まる。
散らばった色とりどりの紙に囲まれ、その中で布団にくるまれて寝てしまうこともある。
小さい頃、少なくとも小学1、2 年生のころから、なんでもびりびり破り、部屋にばらまいていた。マンガ雑誌、通販雑誌や電話帳、お気に入りは移り変わったが、ちぎるということは変わらない。
今は毎日施設に通って少し軽作業もしているが、多くの時間は、布をかけた紙製のプールで区切られた自分の場所で紙を割いている。
Hetecoi さんは「やぶる」ことが、自分のやるべき仕事であるかのように、それをひたすらに続けている。
紙をちぎる行為が、彼女にとっての生であり、紙片はその成果物である。

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE