zwm_055

 

原 弘志

はら ひろし

 

1992 年生まれ 駒ケ根市在住

 

原さんは、自分の視覚記憶と空想を混在させた野球場を作っている。彼は年に一回、名古屋に野球観戦に行くのが楽しみで、その時見た広告看板をリアルに再現するだけでなく、架空の看板も独自に描いている。

 

 

「原崎中日球場」

鉛筆、色鉛筆、水彩絵の具、紙、セロファンテープ

 

 

2016年図録より

 

zwm_054

 

zwm_053

 

zwm_052

 

zwm_051

 

zwm_050

 

養護学校を卒業した後、福祉施設で豆腐やお菓子作りの仕事に従事している。
仕事は予定通りでないと気分が悪くなるほど、きっちり、しっかりとこなし、土日祝日等の休みの日を中心に、創作活動に取り組む。
本人は年に一度の「ナゴヤドーム」への旅行を楽しみにしており、今まで5 つの球場を制作。
今回の作品は「原崎中日球場」とあるが、執拗なほど沢山の「カンバン」がつけられており、実際に見てきた看板を再現するだけでなく、架空の球場を借りて、現実の世界と想像上の世界を融合しているようだ。
本人の記憶と想像が組み合わされた『カンバン』が飾られた球場を、目を近づけてじっくりと鑑賞し、面白がっていただきたい。

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE