高村 夏美

たかむら なつみ

 

1996 年生まれ 茅野市在住

 

 

幼い頃から毎日絵を描いて過ごしてきたという高村さん。養護学校在学中に、水彩色鉛筆に出会い、作画の幅がぐんと広がったという。人と話をすることが苦手だが、コミュニケ―ションをとるのにも絵をうまく利用するそう。現在、平日の日中は事業所に通い、月に2回ほど地元の絵画教室に通いながら、好きな絵を描いている。イラストボードを使い、4か月に1作品くらいのペースで制作を続けている。生活の中にある自然の風景や自分の体験を題材にしながら、空想の世界を描く。虫や動物が擬人化され、そこの中心に自分がいる夢のような世界。色彩も豊かに独特な世界が生まれている。絵を描くことを仕事にしたいと思っている。

 

 

「太陽さん」2015

 

 

 

 

「てんとう虫の妖精」2017