前田 啓子

まえだ  けいこ

 

1989 年生まれ 飯田市在住

 

「私が描く絵でみんなを元気にしたい!」そんな思いで絵を描き、頑張りすぎて体調を崩すこともある前田さん。彼女が暮らす施設の自室の壁一面に作品が飾られていた時期もあったが、心境の変化で今は外されているそうだ。彼女の描くかわいらしいキャラクターは彼女自身なのか、その時々の心境により色や雰囲気が変化している。

 

 

「ともだちになろうよ!」
油性マーカー、木製パネル

 

 

2019年図録より

 

自分の思いを伝えることが難しかった影響で身体が動いてしまい、自室のものを投げる、叩くなどが頻繁だった前田さん。数年前から絵を描くことを始め、力を向ける方向が作品になった。描いた絵がポップで可愛いため、「私が描いた絵で皆を元気にしたい」と思う様になり、テレビ番組で自分の作品を取り上げてくれないかとオファーを出すまでに至る。しかしあまりにも根詰めて描きすぎるため不調になることも多く、あらかじめ一日に描くエリアを支援者が決める様になった。各作品に区切られたマス目が見えるのはそのためで、基本的に一日ひとマスずつ描き進めたそうだ。自分の絵で人を元気にしたいと制作にのめり込むことで自分自身を壊してしまうかもしれないその姿には考えさせられるものがある。

自室の壁に描かれた作品では幾つかの異なる表現に気づくことができる。マス目によって色や表現方法が異なるのだ。これは感情や体調がダイレクトに表現につながっていて、ポップなキャラクター等を描いている時は元気な状態、抽象的な模様を描いている時は不調気味、青い部分はとても気持ちが落ち着いた時期だったそうだ。作者のデリケートな内面性が顕著に表れている。

実は作者が自室の壁に描き始めた時、支援者たちは予期せぬ事態に驚いたそうだ。しかし制作を止めさせることはせず、暖かく見守る体制があった。それは作者の大きな支えになっているのは間違いないだろう。(小川)

 

 

 

「無題」2019

 

 

 

 

「ともだちんいなろうよ」2019

 

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE