如月

きさらぎ

 

1971 年生まれ 長野市在住

 

如月さんが表現する文字は二つの意味を持っている。その字が本来持つ意味と、独自に添えた読み方としての意味だ。「生きていくことはきれいごとではない」と如月さんは言う。生きていく中で抱える痛みや矛盾、疑問、迷いを作品に込めている。

 

 

「残虐~生きる~」(左)  「こころ」(右上)  「清」(右下)

筆ペン、紙

 

 

2018年図録より

 

「チェインギャング」(絵)を見ていると、劇場にいるような気がしてくる。舞台の場面はクライマックスで、俳優たちが音に合わせて演じている。楽しそうなのに切なさがあって、悲しそうなのに明るい希望が感じられて…袖幕にいる猫は誰だろう。きっと目の前にいるモノたちのメッセージを受け取り、その表現に隠された大切な意味に気づいているに違いない。
この作品は“残虐” という言葉を筆ペンで描いたところから生まれたという。作品は2 つでひとつ、それゆえ表現された文字はモチーフとして、漢字の通りには読まず、 “残虐” には「生きる」というタイトルがつけられている。
「生きていくことはきれいごとではない。誰かを守ることは、誰かが苦しむような気がする。」と語る如月さんの制作に対する姿勢は真剣で、スケッチをし、線や形、色、構成に神経を使い追求していく。
“笑”「君のために、僕のために」、“苦中”「喜び」、“感性”「仕合わせ」など、独特のユーモラスな文字( モチーフ)からは、暮らしの中で大切にしている作者の想いが感じられ、ほろりとさせられる。その源は、生きていく中で抱える痛みや矛盾、疑問や迷いを、自力で解決していく作者自身の強さにあるのだろう。(坂田)

 

 

「チェインギャング」(絵)+「生きる」(文字“残虐”)2018

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE