zwm_001

 

石井 良樹

いしい よしき

 

1994 年生まれ 松本市在住

 

1.2.3と数字を丁寧にゆっくりと墨で書いていく。石井さんは思うように体が動かないので、筆が途中で止まってしまったり、勢い余って画面からはみ出してしまうこともある。完成した作品は、書かれている数字は重要ではなく、彼の渾身の力が込められた唯一無二の抽象画となった。

 

 

「無題」

墨、和紙

 

 

2016年図録より

 

zwm_002

 

zwm_003

 

作者が通う施設で、アートワークショップに参加。墨あそびや、色あそびを気が向けば取り組む。
重い障がいゆえに作者の身体の動きはままならない。
ぼんやりとした意識の中に立ち上がってくるのが数字なのだろうか?おぼつかない手で持った筆は、迷走したり、立ち止まって動かなくなったり、いきなり走りだしたり。
1,2,3・・・・という数字を書き重ねられていく。
そして線は必ず紙の端まで引かれる。まるで大地から『いのち』がゆらゆらと立ち上がってくるかのようだ。

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE