zwm_084

 

渡邊 重雄

わたなべ しげお

 

1977 年生まれ 上田市在住

 

大胆に描かれた人物画は、渡邊さんの好きな有名人たちだ。パステルを使い強い筆圧で仕上げていく。選ぶ色のビビッドさと、描かれた人物のまなざしの強さが、観る者を引き込む。

 

 

左から

 「無題」  「レイ・チャールズ」  「無題」  「無題」  「無題」

鉛筆、パステル、画用紙

 

 

2016年図録より

 

zwm_085

 

zwm_086

 

20 年程前に支援者の勧めで彼は絵を描き始めた。
また同時期に自分自身の障がいについて語るという当事者研究のような話を支援者と一緒に学校など公演しまわっていた時期もあった。
彼自身の気持ちとどう折り合うかということを真摯に見つめた結果、彼は現在も絵を描いている。
平日3 日間の廃品リサイクルの仕事と土曜日作業所に通い、金曜日1 日だけアトリエで絵に向かう。
彼の人生は決して順調なものではなかったようだ。
現在、パステル画に再び取り組んでいる。
好きな芸能人や歌手をモチーフに、筆圧強く色を塗り込む。
休憩時間はスタッフや同じアトリエの仲間に冗談を言う。
カラフルな色合いを好む「現在の彼」が、描く大きな目が特徴のポートレイトは華やかでとてもポップだ。

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE