小池 輝人

こいけ あきと

 

2003 年生まれ 上高井郡高山村在住

 

 

小池さんは自然体だ。今回の作品もごく自然に生まれた作品である。

そして、小池さんは淡々と話す。「苦手な数学の時間、カレンダーの裏に計算練習をしていたけど、途中で嫌になったから、マジックで点々を打って暇つぶしをしていた。中心から外に向かって点を広げていったら、楽しくなってきて点で紙面を埋めたくなった。途中で、円から形を変えてみたら不思議な絵が出来上がった。」小池さんは14歳。理想と現実のギャップを感じながら、宇宙や平和をテーマにした作品をカレンダーの裏面に「何となく、適当に、時々」描いている。

 

 

 

「ひまつぶし」2017

 

 

 

「地球の木」2017

 

 

 

「木」2017