濱 克治

はま かつじ

 

1972 年生まれ 駒ヶ根市在住

 

濱さんは、ある時期からクレヨンで描いた乗り物の絵の上に、たっぷりと水彩絵の具を塗っていくようになった。クレヨンの部分がぼんやりと浮かんでくるが、下に描かれた物の形は、はっきりとはわからない。彼の画法はふとしたきっかけで変化していくが、基本的にいつでも絵を描くことを楽しんでいる。

 

 

「のりもの」
クレヨン、水彩絵の具、紙

 

 

2019年図録より

 

作者は以前からクレヨンや色鉛筆で車の絵を描いていた。「のりものダイスキ!」なのだろう。最近絵の具という画材を使ったら、という提案がされ、それ以来たっぷりの絵の具を塗り重ねることを楽しみ出した。まずは乗り物図鑑を見て、画用紙に向かい、クレヨンでのりものの形を描き、その上に筆にたっぷり含ませた絵の具を塗っていく。ふつう私たちは下絵に描かれた形の輪郭に沿って丁寧に絵の具を塗るのだが、作者はそんなことはお構いなしだ。絵の具の下に何が描かれているのかはわからくなってしまう。

制作している作者の表情は、「これに乗ってどこ行こう? そうだ、○○へ行こう!」とワクワクと想い描いているかのように嬉々としている。以前行ったことのある楽しかった風景を思い出しているのかもしれない。自分で決めて自由に行きたいところへ行きたくとも、なかなかままならないからこそ、「クルマニノッテ・・・」の想いは強いのだろう。

たっぷりと塗られた絵の具の混じりあい、クレヨンによって弾かれた風景が不思議な世界を見せている。そしてこの絵の具の下には何が隠れているのか、と想像を掻き立てる。(関)

 

 

 

「のりもの」2019

 

 

 

 

「のりもの」2019

 

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE