今井 龍之介

いまい りゅうのすけ

 

2005 年生まれ 松本市在住

 

今井さんが絵を描いたことがうれしくて、ご両親は彼が小さい頃から描いたものをずっと保管してきたという。そんな両親が喜ぶ姿を見て、彼も絵を描くことが楽しくなったようだ。見たことのあるアニメーションや動画などが彼の記憶に残っているのか、同じモチーフをセル画のように少しずつ変化させて描くことが多い。

 

 

写真:最前のパネルの6点
「無題」
色鉛筆、コピー用紙

 

 

2019年図録より

 

今井さんの描く動物は、まるで新しい世界のピクトグラムのように法則性を感じさせる美しさがある。今井さんの好きなテレビのキャラクターをモチーフに描いているようだ。描いてる隣で見せてもらった。あらかじめプログラミングされたレーザーカッターのように、その線は淀みなく進んでいく。次にその中を一定のリズムで塗りつぶしていく。スピードもある。それもそのはず、多い時には1日に40枚ほど描くそうだ。紙はコピー用紙。使う色鉛筆のメーカーも決まってる。家には絵がぎっしり詰まったダンボールが数十箱あるらしい。今井さんの生活の積み重ねが、法則性をより力強いものにしているのかもしれない。(佐々木)

 

 

「無題」制作年不詳

 

 

 

 

 

 

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE