千太郎

せんたろう

 

2005 年生まれ 松本市在住

 

槍ヶ岳、北アルプス、常念岳…黒のマジックペンを使ったくっきりした輪郭線で区切られ、色鉛筆で丁寧に色付けられた山の絵は、中学生が描いた絵である。千太郎さんは誰かから描き方を教わったわけでなく、自分で工夫した描き方で身近にある信州の山々を描いている。

 

 

「常念岳」(左下)  「槍ヶ岳」(左上)  「八ヶ岳」(右下)  「浅間山」(右上)

油性マーカー、色鉛筆、紙

 

 

2018年図録より

 

くっきりとした稜線と山ひだが描き込まれ、丁寧に色鉛筆で柔らかい色が塗られている北アルプスの山々。山肌に現れる陰影や色合いは区切って描いてある。思わず気持ち良い絵だな、と言いたくなってしまう。
とてもシャイで几帳面な作者である。以前はイラストやロゴマークが描かれたバスを記憶をもとに丁寧に描いていた。中学2 年生になって、自宅の窓から見える北アルプスを描き始めたそうだ。見たことのない山はネットで画像を探して描いているとのことだ。担任教師は「別に描き方を教えた訳でもないのに、自分流に工夫して描いている。学校ではあまり山の絵は描かず、バスや車などの乗り物が多い。それらの絵もネットで調べて色を忠実に色鉛筆で塗っている。色鉛筆にこだわっているのは持ち運びしやすくて、塗りやすいからとのこと」とコメントしている。いったい作者は色鉛筆を走らせながらどんなことを思うのだろうか。(関)

 

 

「槍ヶ岳」2018

 

 

 

「北アルプス」2018

 

 

 

「常念岳」2018

 

 

 

「御嶽山」2018

 

 

 

「八ヶ岳」2018

 

 

 

「浅間山」2018

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE