尾澤 佑貴

おざわ ゆうき

 

2008 年生まれ 長野市在住

 

外装だけでも作者の車への愛情が伝わることは疑わないが、ハンドル、ミラー、ワイパー、ボンネットの中のエンジン、スペアタイヤ、ステッカー等まですべてが本物の車両と同じように配されることを目指して作られた作品である。尾澤佑貴君は、小学校2年生のころから立体の車を作り始めた。ともかく、旧車が大好き。お気に入りの旧車の24 分の1スケールの車を、フリーハンドで段ボールや厚紙から型紙を切り出し、グルーガンで組み立てる。大好きな車両をどこにでも持ち歩く。グルーガンで何度も補修し、それでも壊れてしまった車は「廃車」にして、自分の家の「中澤オート(株)」(尾澤君命名)に置いてある。「廃車」からパーツを取り出して、現在の車に装備させたりもする。尾澤君にとっては本物の車なのだ。将来の夢は愛読する旧車雑誌『オールドタイマー』の編集者になること。そして旧車に乗ることだが、今は、紙や段ボールで夢の車をつくり、思い通りのステッカーを貼り、それを動かして楽しんでいる。(木内)

 

 

左から 「コニーグッピー」2019 「トヨタダイナ」2018 「ケサブロー」2017

「富士重工業スバル 3602018 「ダットサンシングルピックアップ」2019

「ホンダT3602019 「サンバード10502019 「銭ブル」2019 「ゼロ戦21 型」2019

 

 

 

 

 

 

 

「富士重工業スバル360」2018