今井 龍之介

いまい りゅうのすけ

 

2005 年生まれ 松本市在住

 

今井さんの描く動物は、まるで新しい世界のピクトグラムのように法則性を感じさせる美しさがある。今井さんの好きなテレビのキャラクターをモチーフに描いているようだ。描いてる隣で見せてもらった。あらかじめプログラミングされたレーザーカッターのように、その線は淀みなく進んでいく。次にその中を一定のリズムで塗りつぶしていく。スピードもある。それもそのはず、多い時には1日に40枚ほど描くそうだ。紙はコピー用紙。使う色鉛筆のメーカーも決まってる。家には絵がぎっしり詰まったダンボールが数十箱あるらしい。今井さんの生活の積み重ねが、法則性をより力強いものにしているのかもしれない。(佐々木)

 

 

「無題」制作年不詳