今回の作品公募は、長野県に住む「障がいのある人たちの表現(作品)」を対象としていますが、「障がいのある人」の定義について、複数お問い合わせをいただきましたので、実行委員会で下記のとおり統一見解を固めました。

 

—-「障がいのある人」の定義———————————————————————————————————-

 

①「障害者権利条約の定義※」に基づき、「手帳の有無」ではなく「生きづらさを抱えた状態にある人」

 

②上記①と併せて、「本作品展に入選した場合、本人が「障がいのある人」として紹介されることに同意を得られる人」

 

※障害者権利条約の定義 … 障害者は「身体障害、知的障害又は精神障害(発達障害を含む)その他の心身の機能の社会的障壁により継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける状態にあるもの」

————————————————————————————————————————————————————–

 

「手帳の有無」は問いません。是非お気軽にご応募いただきますようお願いします。

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE