西村 美恵子

にしむら みえこ

 

1970 年生まれ 駒ヶ根市在住

 

西村さんはまず、目と顔の輪郭を描く。そして、その顔の右半分をぐるぐると何重もの円で囲む。その強烈なタッチは紙に穴が空いても続けられる。彼女は納得がいくと「おしま!」と言って、席を離れる。彼女の暮らす施設ではそういった日常が繰り返されている。ひとつの絵には終わりがあるが、彼女が作品を描き続ける行為には終わりはないようだ。

 

 

「無題」
油性マーカー、クレヨン、色鉛筆、紙

 

 

2019年図録より

 

作者は以前からクレヨンや色鉛筆で車の絵を描いていた。「のりものダイスキ!」なのだろう。最多分「かお」を表現した(作者はなにも語らない)作品のガバッと開いた大きな口、見開かれた目が観るものをとらえて離さない。強烈な印象だ。

作者は福祉事業所のアトリエにやってくると、いつものパターンのように画用紙に向かって、油性ペン又はクレヨンで顔の輪郭、二本ずつの眉毛、目、口のラインを引き、そのラインに沿って何度もペンを走らせる。ぐるぐると納得いくまでペン(またはクレヨン)を回す。何度も描き重ねられたことろは、筆圧が強いため破けて穴が空いてもいる。そして一定のぐるぐる回す行為が終わると、その上にシールを貼っている。なぜか口の周りに。作者の表情は硬く、黙々と一連の作業をこなしているかのようだ。そして納得いくまで描くと「おしま!」と言い、アトリエから去っていく。何かを訴えているようなカッと見開いた目、何かを叫んでいるような、吸い込んでしまうような口。何かのつぶやきがこぼれ出ているような口。出来上がった作品は不気味でさえもある。言葉で自分を表現し、他者とつながることが苦手な自分。自閉症スペクトラム傾向の強い作者はその感覚の過敏さゆえに、いつも何者かに脅かされている感覚、得体のしれない不安感の中にいるのかもしれない。

そのままならない自分の叫びを、作者は画用紙にペンやシールを使って吐き出しているのかもしれない。(関)

 

 

 

「無題」2019

 

 

 

 

「無題」2019

 

 

 

 

「無題」2019

 

 

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE