西村 美恵子

にしむら みえこ

 

1970 年生まれ 駒ヶ根市在住

 

作者は以前からクレヨンや色鉛筆で車の絵を描いていた。「のりものダイスキ!」なのだろう。最多分「かお」を表現した(作者はなにも語らない)作品のガバッと開いた大きな口、見開かれた目が観るものをとらえて離さない。強烈な印象だ。

作者は福祉事業所のアトリエにやってくると、いつものパターンのように画用紙に向かって、油性ペン又はクレヨンで顔の輪郭、二本ずつの眉毛、目、口のラインを引き、そのラインに沿って何度もペンを走らせる。ぐるぐると納得いくまでペン(またはクレヨン)を回す。何度も描き重ねられたことろは、筆圧が強いため破けて穴が空いてもいる。そして一定のぐるぐる回す行為が終わると、その上にシールを貼っている。なぜか口の周りに。作者の表情は硬く、黙々と一連の作業をこなしているかのようだ。そして納得いくまで描くと「おしま!」と言い、アトリエから去っていく。何かを訴えているようなカッと見開いた目、何かを叫んでいるような、吸い込んでしまうような口。何かのつぶやきがこぼれ出ているような口。出来上がった作品は不気味でさえもある。言葉で自分を表現し、他者とつながることが苦手な自分。自閉症スペクトラム傾向の強い作者はその感覚の過敏さゆえに、いつも何者かに脅かされている感覚、得体のしれない不安感の中にいるのかもしれない。

そのままならない自分の叫びを、作者は画用紙にペンやシールを使って吐き出しているのかもしれない。(関)

 

 

 

「無題」2019

 

 

 

 

「無題」2019

 

 

 

 

「無題」2019