アーモンド

1976 年生まれ 千曲市在住

 

学生時代はサイケデリックなドロドロとした絵を描いていた。病気になり自宅に戻り、最初は詩画を描いていたが、よく聞いていたジョン・レノンの世界を表現したくなり、体調を整えるためマラソンをしていた時、周りの木々の緑に圧倒された体験から、現在のような大きな木の中に大好きなジョン・レノンの『Love&Peace』の世界を表現したいと、また同じパターンの図柄を細々と描いているときは、襲ってくる不安や焦りが収まり、安寧感が得られると、作者は言う。
外に出て他者と交流することに強い不安感を覚えてしまう作者であるが、絵の中には他者との平和で穏やかな関係を作りたい、今は自宅にこもって黙々と絵を描く日々だが、作品を通して人とつながっていきたい、という切実な願いも込められているようだ。作者は世界中に子供たちが学ぶ場が作られることや、福祉の現場が充実していくために、自分の絵が売れたら是非役立てたい、とも言う。

 

 

LovePeace2016

 

 

 

 

LovePeace2013

 

 

 

LovePeace2015

「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラム
信州・アート・リングス ~文化でつながる。文化を創る。そして美しい未来へ~

長野県では、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と
「東京2020 NIPPONフェスティバル」共催プログラムを開催します。
長野県の魅力ある文化プログラムをお楽しみください。

東京2020 NIPPONフェスティバル

主催-長野県/長野県教育委員会/ 信州ザワメキアート展2021 実行委員会
共催- (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 / 茅野市美術館
長野県 令和3年度 障がい者の芸術作品展開催事業
長野県県民芸術祭2021参加

© NAGANO ZAWAMEKI-ART EXECUTIVE COMMITTEE