ザワメキアート展について
入選作家紹介

zwm_025

近藤 康隆
YASUTAKA KONDOU
1973 年生まれ 駒ケ根市在住

zwm_023

zwm_026

zwm_024

本人には、食べた食器を舐めてキレイにするなどの独自のこだわりがある。
今回の作品もそういった本人のこだわりの一つにより、利用する福祉施設の作業時間中に生まれた。
本来は導線の金属部分をニッパーで切り取り、リサイクルするための作業時間なのだが、朝から帰るまでの時間、自分の机に導線を運んでは真剣に積み上げる。
他の利用者の様子など見向きもせず、お皿に導線を盛り、3 つ4 つの山を作ってから、それを合体させて段々に大きくする。
高さ60cm程の高さになる時もあるが、ある程度大きくなるとそれを崩して、また積み上げる…という行為を繰り返す。
また、本来はリサイクル作業であるにも関わらず、導線を積み上げる「その行為」を見守っている福祉施設の支援風景を想像すると、何か作品から温かさを感じる。