ザワメキアート展について
入選作家紹介

zwm_055

原 弘志
HIROSHI HARA
1992 年生まれ 駒ケ根市在住

zwm_054

zwm_053

zwm_052

zwm_051

zwm_050

養護学校を卒業した後、福祉施設で豆腐やお菓子作りの仕事に従事している。
仕事は予定通りでないと気分が悪くなるほど、きっちり、しっかりとこなし、土日祝日等の休みの日を中心に、創作活動に取り組む。
本人は年に一度の「ナゴヤドーム」への旅行を楽しみにしており、今まで5 つの球場を制作。
今回の作品は「原崎中日球場」とあるが、執拗なほど沢山の「カンバン」がつけられており、実際に見てきた看板を再現するだけでなく、架空の球場を借りて、現実の世界と想像上の世界を融合しているようだ。
本人の記憶と想像が組み合わされた『カンバン』が飾られた球場を、目を近づけてじっくりと鑑賞し、面白がっていただきたい。