ザワメキアート展詳細
作家

zwm_009

神崎 秀康
HIDEYASUI KANZAKI
1949 年生まれ 佐久市在住

zwm_013

zwm_012

zwm_011

zwm_010

zwm_008

以前から絵を描くのが好きで、平成4 年に障がい者支援施設で生活を始めるようになってからは、作業時間の合間をみてほぼ毎日制作をしていた。
グループホームに生活の場を移してからも、就労支援施設に通いながら制作を続けている。
もともとシャツなどの台紙として使われているボール紙の白い面に、油性マーカーを使って描くことで独特の光沢のある作品を描いていたが、油性マーカー以外にもクレヨン、色鉛筆、水彩絵の具などの様々な画材をひとつの作品の中で使うようになり、さらに個性的なマチエールが形成されていった。
絵を描くことが日常の習慣である彼は、今でも毎朝作業の始まる前の時間に必ず絵を描いているという。
中でも多く描かれているモチーフは浅間山で、四季折々の山の姿を大胆な色使いで仕上げている。
浅間山以外にも風景や、花、人物などを描いているが、人物画としては女性が描かれることが多い。
どことなく昭和の匂いのする、親しみやすくちょっと妖艶で魅力的な女性たちは、神崎さんのミューズなのかもしれない。