濱 克治

はま かつじ

 

1972 年生まれ 駒ヶ根市在住

 

作者は以前からクレヨンや色鉛筆で車の絵を描いていた。「のりものダイスキ!」なのだろう。最近絵の具という画材を使ったら、という提案がされ、それ以来たっぷりの絵の具を塗り重ねることを楽しみ出した。まずは乗り物図鑑を見て、画用紙に向かい、クレヨンでのりものの形を描き、その上に筆にたっぷり含ませた絵の具を塗っていく。ふつう私たちは下絵に描かれた形の輪郭に沿って丁寧に絵の具を塗るのだが、作者はそんなことはお構いなしだ。絵の具の下に何が描かれているのかはわからくなってしまう。

制作している作者の表情は、「これに乗ってどこ行こう? そうだ、○○へ行こう!」とワクワクと想い描いているかのように嬉々としている。以前行ったことのある楽しかった風景を思い出しているのかもしれない。自分で決めて自由に行きたいところへ行きたくとも、なかなかままならないからこそ、「クルマニノッテ・・・」の想いは強いのだろう。

たっぷりと塗られた絵の具の混じりあい、クレヨンによって弾かれた風景が不思議な世界を見せている。そしてこの絵の具の下には何が隠れているのか、と想像を掻き立てる。(関)

 

 

 

「のりもの」2019

 

 

 

 

「のりもの」2019